マ行

マ行

故人らしい見送りができる無宗教葬とは

無宗教葬とは 無宗教葬は、宗教的な要素を含まない葬儀スタイルです。特定の宗教の儀式を行わず、故人や遺族の自由な意向に基づいて形式を定めることが特徴です。 「自由葬」とも呼ばれ、故人が生前に好んだ音楽や映像を流すなど、個性的な演出を加えることReadMore...
マ行

喪主の役割とは?いざという時に困らないために。

喪主とは 喪主とは、葬儀を主催する人のことを指し、故人の最後の旅立ちを見送る上で中心的な役割を果たします。喪主は、葬儀の準備から実施、そして終了までの全てにおいて最終的な意思決定者であり、葬儀の進行を取り仕切ります。また、弔問に来た方々を迎ReadMore...
マ行

迎え火とは 伝統的な儀式

迎え火とは 迎え火は、故人の魂を家へと迎え入れるために行われる日本の葬儀の伝統的な儀式です。この儀式では、故人の葬儀の前夜または葬儀の日に、自宅の入口や門前に小さな火を灯します。この火は、故人の魂が迷わずにこの世とあの世を結ぶ道を見つけられReadMore...
マ行

守り刀とは

守り刀とは 守り刀は、故人を守るために特別に用意される小刀を指します。この刀は、葬儀や告別式で棺の中や側に置かれ、故人の魂を守り、悪い霊から身を守るための象徴とされています。守り刀は、日本の伝統的な葬儀の風習の一つであり、故人を守る意志を象ReadMore...
マ行

枕経とは 葬儀の前の読経

枕経とは 枕経(まくらぎょう)とは、亡くなった人の魂が安らかにあの世へ旅立つことを願い、亡くなった直後や葬儀の前に僧侶が読経する仏教の儀式です。この儀式は、故人の枕元で行われることが多く、故人の安息と来世での幸福を祈るために行われます。枕経ReadMore...
マ行

枕飾りとは 香炉、花瓶、ろうそく立てなど

枕飾りとは、愛する人が亡くなった後、その人を家に安置する際に、遺体の頭の近くに設置する特別な台です。この台には、その人の魂への供え物として、様々なものが置かれます。ただし、どんなものを置くかは、その地域や宗教の慣習によって異なります。 仏教ReadMore...
マ行

喪中とは 故人を偲び、その死を悼む時間

喪中とは 喪中とは、家族や親しい人が亡くなった後の悲しみの期間を指し、故人を偲び、その死を悼む時間です。この期間中は、遺族が喪に服し、一定の期間、日常生活における一部の活動や娯楽を控えることが一般的です。この期間は宗教や地域、家庭や間柄によReadMore...
マ行

埋葬とは 埋葬の準備とマナー

埋葬とは 埋葬とは、故人の遺体や遺骨を地中に安置することです。これは、故人を永遠に記憶し、敬うための最終的な方法の一つであり、遺族や親しい人々が故人を偲ぶ場所を提供します。埋葬は、火葬後に遺骨を墓地に納めることが一般的ですが、地域や宗教によReadMore...
マ行

末期の水とは 意義と背景

末期の水とその意義 末期の水は、亡くなった方の唇を潤す儀式です。この習慣はお釈迦様が亡くなる際に水を欲したという歴史的な出来事に由来しています。通常、故人が家で安置された後にこの儀式が行われます。この行為は、故人の穏やかな旅立ちを願うと同時ReadMore...