葬儀

カ行

火葬場の豆知識。ペットの火葬や火葬時間

火葬場 火葬場は、葬儀の儀式の一つでもある火葬をするための場所であり、火葬炉が備わっています。火葬場の運営には都道府県知事の許可が必要です。 火葬にはどのくらいの時間がかかるの? 火葬には一般的に40分から1時間半ほどかかります。火葬の時間ReadMore...
タ行

玉串料とは?神式の葬儀で必要?

玉串料(たまぐしりょう)とは 玉串料(たまぐしりょう)は、神前に捧げる金銭のことを指します。本来、神式の儀式では榊(さかき)の枝に紙垂(しだ)や木綿(ゆう)を結び付けた玉串を神前に捧げます。これは神聖なものとして古くからの伝統があり、神へのReadMore...
タ行

弔歌の読み方や選び方について

弔歌(ちょうか)とは 弔歌とは、葬儀や追悼式で演奏または歌われる特別な歌のことです。弔歌は故人を悼むためのもので、故人との思い出を称えたり、遺族や参列者が感情を表現する手助けをする役割を持っています。一般的に静かで、感情を込めやすいメロディReadMore...
マ行

喪中はがきを出す時期や内容は?

喪中はがき 喪中はがきは、喪に服している間、おめでたい行事を避ける日本の風習に基づいたものです。近親者が亡くなった後、一定期間、家族は喪中とされ、この期間には慶事を控えることが一般的です。この期間に送る年賀状を控えるために、喪中はがきを送りReadMore...
カ行

骨壺を保管する骨箱について解説

骨箱とは 骨箱(こつばこ)は、遺骨を一時的に安全に保管するための箱です。通常、遺骨は火葬後に骨壷に納められ、その骨壷を家庭で供養するか、法要が完了するまで保管します。この間、骨壷を保護するために使用されるのが骨箱です。 骨箱の役割 骨箱の主ReadMore...
カ行

棺覆いとは?

棺覆い(かんおおい)とは 棺覆いは棺掛け(かんかけ)とも呼ばれ、葬儀の際に遺体が収められた棺を覆う布のことを指します。 この布は、宗教や文化に応じて異なる種類が用いられます。たとえば、仏式の葬儀では僧侶が身にまとう七条袈裟(しちじょうけさ)ReadMore...
サ行

祭壇や棺はなぜ白木の物を用いるのか?

白木を用いる意味 白木とは、何も塗料を施されていない、自然そのままの木のことを指します。通常、家具や建材に使われる木材は、ニスやペンキで仕上げられていますが、白木の棺はそのような加工を施さず、木の本来の姿を活かしています。 葬儀で白木の棺をReadMore...
ア行

遺体搬送について解説

遺体搬送とは 遺体搬送とは、故人が亡くなった後、その遺体を病院や自宅、葬儀会場など特定の場所に移動させることを指します。特に病院で亡くなった場合、霊安室に遺体を一時的に安置する時間には限りがあるため、迅速に搬送先を決めて手配する必要がありまReadMore...
カ行

火葬許可証とは

火葬許可証とは 火葬許可証は、遺体を火葬するために必要な公的な証明書です。 誰かが亡くなった場合、その遺体を火葬する前にはこの許可証が必須です。火葬許可証は、死亡が確認された後、死亡届とともに市区町村役場で申請し、発行されます。 日本では土ReadMore...
ナ行

都市部で増えている納骨堂とは?

納骨堂とは 納骨堂とは、遺骨を安置するための施設です。 施設内には、個人や夫婦、家族単位で遺骨を収めることができる多数の収蔵スペースが設けられています。納骨堂は、法的な規制の下で運営される施設であり、「墓地、埋葬等に関する法律」に基づき、都ReadMore...