納棺師

東京

最後にかけた言葉【株式会社 愛和】

父が最後にかけた言葉とは。 親子の絆を感じたお別れでした。 少年らしいお顔 3年前のある日の夕方、10代の学生の方で飛び降りをしてしまった子の処置をしてほしい、と葬儀社から連絡が入りました。急いで葬儀社に向かうと、葬儀担ReadMore...
タイトルとURLをコピーしました