タ行

タ行

お葬式をしないで火葬のみ。直葬とは?

直葬とは 直葬(ちょくそう)または火葬式(かそうしき)、葬儀の形式の一つで、火葬のみを行い、他の宗教儀式や告別式を省略したものです。 この方法では、読経や供養といった宗教的な儀式を行わず、弔問を受けることもありません。そのため、比較的小規模ReadMore...
タ行

通夜の後に執り行われる「通夜振る舞い」とは?

通夜振る舞いとは 通夜ぶるまいとは、通夜の後に行われる食事会のことを指します。この食事会は、喪家が僧侶や弔問客に対して感謝の意を表し、故人を偲ぶために行われます。喪主は、お酒や食事を提供することで、通夜に参列してくれた人々への感謝を示しますReadMore...
タ行

手元供養は新しい供養の在り方

手元供養とは 手元供養とは、故人の遺骨や遺灰を自宅で保管し、身近な場所で故人を偲ぶ供養方法です。 これは自宅供養とも呼ばれ、遺骨や遺灰の保管方法には大きく分けて2種類あります。1つ目は遺骨や遺灰の全てを自宅で保管する方法、2つ目は墓地や寺院ReadMore...
タ行

檀家とは 葬儀等を行うお寺の信徒

檀家とは 檀家とは、寺院や仏教の信者が結ぶ信仰上のコミュニティや関係のことを指します。寺院に寄進を行い、その寺院の行事や祈祷を受ける権利を得ることができる信者の集まりです。 檀家のメリットデメリット メリット 精神的な支え: 檀家として寺院ReadMore...
タ行

魂抜きとは お仏壇やお墓を移動させたり、処分する際に必要

魂抜きとは 魂抜きとは、お仏壇やお墓に宿るとされる魂を、特別な儀式を通じて安心させる行為です。多くの仏教宗派では、お仏壇やお墓には家族や先祖の魂が宿っていると考えられており、これらの場所に手を合わせるのは、そこに魂が存在するからです。お仏壇ReadMore...
タ行

葬儀に参列したいけどできない。。。そんな時は弔電で想いを伝えるのがおすすめ

弔電とは 弔電は、葬儀や告別式に参列できない際に、故人や遺族に対して哀悼の意を表すために送る電報のことです。直接葬儀に参加して哀悼の意を示すことができない場合でも、弔電を通じて遺族への思いやりや故人への敬意を伝えることができます。 送るタイReadMore...
タ行

弔辞とは?葬儀で伝えるお別れの言葉を大切に

弔辞とは 弔辞(ちょうじ)は、葬儀や告別式において、故人へ送るお別れの言葉です。故人との最後のコミュニケーションとも言えるこの言葉は、故人への想いや感謝、生前の思い出を伝えるためのもので、故人と関わりの深かった方が霊前で読み上げます。 弔辞ReadMore...